景気 : 景気動向指数
【日本】 GDP統計   景気動向指数   景気ウォッチャー   機械受注統計   鉱工業生産指数
【アメリカ】 ISM指数   鉱工業生産指数   住宅着工件数   住宅建築許可件数   GDP統計  景気先行指標総合指数
景気動向指数

●発表機関:内閣府経済社会総合研究所(ESRI)
●公表周期:月次
●公表予定日:公表予定日 (速報は翌々月上旬、翌々月中旬に改定値が発表)

景気を測る指標はいくつも種類がある。それぞれ特徴があり、それぞれの動きが一致しているとは限らない。
そうした複雑で多面的な指標を統合し、合成したものが景気動向指数である。
3ヶ月前と比べて上昇した指標の割合を示し、これによって景気が上向きか下向きかの方向性を示す。

景気動向指数は景気を先取りして動く「先行系列」、景気と並行して動く「一致系列」、
景気に遅れて動く「遅行系列」の3系列に大別される。それぞれ数種類の指標から成り立っている。
先行指数は一致指数に数ヶ月先行し、遅行指数は半年から一年遅行するといわれている。
 ・先行系列 : 12指標を合成
 ・一致系列 : 11指標を合成
 ・遅行系列 : 6指標を合成

景気動向指数には「ディフュージョンインデックス(DI)」と「コンポジットインデックス(CI)」があるが、
日本では景気動向指数はDIを指すのが一般的である。
景気の良し悪しは、DIが50%を越えているかいないかで判断する。
3ヶ月連続で上回ると景気が好転、逆に3ヶ月連続で下回ると景気が後退したと判断する。
ただし、変動幅は景気の勢いとは無関係である。

既に発表されている指標を用いて算出する為、景気動向指数がマーケットにサプライズを与える事は少ない。
しかし、景気の動向を知るために政府も参考にしており、チェックは欠かせない指標である。

【参考リンク】

野村證券用語
NIKKEIマネー&マーケット(景気ウォッチ)
NIKKEIマネー&マーケット(実質統計データ)

NIKKEIマネー&マーケット(先行指数)
NIKKEIマネー&マーケット(一致指数)

トレーダーズ・ウェブ経済指標(先行指数)
トレーダーズ・ウェブ経済指標(一致指数)

←戻る←              HOME (日本の主な経済指標)              HOME (フレームあり)
inserted by FC2 system